« 2010年11月 | トップページ | 2016年3月 »

2016年2月

病理検査結果・・・。

朝9:00、病院から電話がきました。
病理検査結果の連絡でした。

・・・結果は悪性腫瘍。

頭をハンマーで殴られたような感覚。
明日、腫瘍を切除するので病院に連れてきてくださいと。

ああ、なんてこと・・・。

検査結果が出ない。

昼頃、病院から電話がきました。

りんちゃんの染色体がちょっと特殊で、
調べるのに時間がかかっているとのこと。
正直どういうことかよくわかりませんでしたが、
あと数日待つことに。

なんでもありませんように。
祈るばかり。

りんちゃんが来た日。

今日はりんちゃんが来た記念日です。

11年前、りんちゃんは広島から飛行機に乗って私のところに来ました。
昼前、羽田の貨物ターミナルにお迎えに行きました。動物は貨物扱いなんですね・・・。そこで、丈夫なケージに入った仔猫とご対面。うわあ、かわいすぎる!!

実はお迎えに行った時にはまだ名前を決めてなくて、きちんと会ってから考えることにしていました。
家に着いて、ケージから出してあげると、最初はちょっと怯えた感じで、ベッドの下に潜り込んで隠れてしまいましたが、しばらくすると、家の中をチョロチョロ探検し始めました。

C0068652
うちに来た日のりんちゃん。

ちっちゃい体でコロコロと転がり、走り回り、好奇心旺盛なとっても元気な子。
アメショーは狩猟本能が強いといいますが、獲物(おもちゃ)を狙う様子は、さながら小さなヤマネコのよう。。。見たことないですけど。

子猫ながら、時折見せる凛とした佇まい。
そしてヤマネコは英語でLynx。
コロコロ転がる姿は、鈴のよう。

実は「りん」という名前は、前々から考えていたのですが、やっぱり「りん」がぴったりな子でした。うん。
その日のうちに広島のブリーダーさんに、名前決めました、と連絡しました。

これからよろしくね、りんちゃん。りんこ。りんりんこ。
でも、自分の名前より、「おやつ」「かつぶし」を先に覚えましたけどね。

ちなみに「凛」という名前は、ここ数年、日本の女の子の名前ベスト10入りだそうですね。どうでもいいですね。


11年前の思い出。
もう11年なんだね・・・。
まだ11年かな。

診察3回目。

りんちゃんの左脚は包帯ぐるぐる巻きですが、普通に暴れまわっています。
タワーにも登るし、食欲もあるし・・・。
思った通り、暴れまくるので、一人で包帯を変えるのはとても大変でした。
食欲はあるので、飲み薬はウェットフードに混ぜて飲ませていました。

そして前日の2月19日、Amazonで新しいキャリーバッグを買いました。

B-Top ペット用 キャリーバック 通気性メッシュ加工 2way お出かけに (カモフラM)

上側がメッシュになっていて、ファスナーで閉じるタイプ。
布地が柔くないかちょっと心配でしたが、割としっかりした作りで安心。
今までのキャリーは結構ごつく、入るのを超嫌がるので大変でしたが、
これだと、普通に入ってくれました。

朝10:00、病院に連れて行きました。 
今日の診察では、血液検査の結果が出ていて、特に異常無しとのことでした。
傷口の状態は少しずつ良くなっているみたい。今回も抗生物質パウダーを塗布して包帯ぐるぐる。

そして、今回は腫瘍の組織を採取して、病理検査に出すことになりました。
でもこんなに元気なんだから、きっと重い病気じゃないはず。

念のための検査だよね。
きっと大丈夫。

診察2回目。

今度は北の病院にりんちゃんを連れて行くべく、
朝一からまた大格闘。天袋に入ってしまって出てこない。
かわいそうだけど、洗濯袋で捕獲しケージへ。
毎日毎日ごめんね。

今度の病院は、土曜日のせいか結構混んでいた。
30分くらい待って診察室へ。
やはり後左脚の小指部分が腫れている。腫瘍だと思うとの診断。
悪性かもしれないので、検査をした方がいいとのこと。

え・・・。悪性腫瘍って・・・ガンってことだよね。。。
でも、検査してみないとわからないし。。。まだ希望はあるはず。

化膿した傷口を消毒して抗生物質・フランセチンTパウダーを塗布。
MELOLIN(ガーゼ) で傷口を保護してから、フィクソムルストレッチ(不織布の粘着性包帯)をぐるぐる巻きに。
感染症などの可能性も考えられるので、血液検査もすることに。

フランセチンパウダー・MELOLIN・フィクソムルストレッチの三点セットと、抗生物質の飲み薬を処方され、出来たら、毎日傷口にパウダーを振って包帯を巻き直し、薬は朝晩飲ませてくださいとのこと。

一人で包帯巻くのは自信ないけど、
飲み薬も、絶対ものすごく嫌がるんだけど、

りんちゃんのために頑張ります。

診察1回目。

近所の動物病院は2件。
家から南と北、どっちも歩いて15分くらいなところ。
南の方に行ってみることにする。

りんちゃんはケージと病院が大嫌い。
キャリーに入れる時はいつも大騒ぎ。
暴れて逃げまくるりんちゃんを取り押さえて、
洗濯ネットで包んでからキャリーに入れます。
ごめんねごめんね。あとでおやつあげるから我慢してね・・・。

格闘の末、夕方りんちゃんを病院に連れて行く。
割と立派な構えの動物病院。
しかし患者さんが誰もいないな・・・。まあ平日だからね。
待ち時間もなく、すぐに診てもらえた。
物腰の柔らかい、優しそうな先生だ。
曰く「爪が折れて少し化膿してますね。何日か経ってるようです。」とのこと。
で、傷口を消毒して、包帯巻いて、診察終了。
巻いたところを舐めないようにとカラーを渡される。

え?これで終わり?何の検査もなし?
化膿してるなら抗生物質とか飲ませなくて平気なのかな・・・。
軽い怪我ってことなんだろうか。
うーん、なんか腑に落ちない。

けど、なんか色々聞きにくくて、そのまま帰ることに。
明日、北の病院で診てもらおうかしら・・・。

足の怪我。

夜、りんちゃんが水を飲みに来た時のこと。

床を見ると・・・あれ。足跡がついてる。
えっ?血が出てる!
両手両足チェックしてみると・・・
左後ろ足の小指が腫れて出血してた。

全然気が付かなかった。
どこで怪我したんだろう・・・。
タワーに登った時だろうか。うーん、わからない。

食欲もあるし、いつも通り元気に暴れてるけど、
出血してるのはいくらなんでも放置できない。
明日、病院で診てもらおう。

« 2010年11月 | トップページ | 2016年3月 »