« 診察20回目。 | トップページ | 診察22回目。 »

診察21回目。

11:00、酸素ハウスが届きました。
こちらです↓
犬、猫、小動物の在宅酸素吸入|ペット用酸素ハウス|テルコム株式会社

担当の方に、一通り使い方を教えてもらい、スイッチオン。
ハウス自体が結構大きく、酸素供給マシンの音も大きくて、ちょっと驚き。
注意点がいくつかありましたが、ハウスから出すときは、必ずスイッチを切って、酸素濃度を徐々に下げてからでないと、いきなり出すと酸欠状態になることがあるので気をつけてくださいね、とのことでした。

さて、素直に入ってくれるかどうか、ですが、ハウスが透明なうえ、結構なスペースがあるので、猫としては落ち着かないのでしょう。やはり、いきなりは無理でした。

いろいろ考えた末、ハウスをタオルで覆って暗くし、りんちゃんが好きな段ボールにはまっているところを、段ボールごとハウスに入れる、という方法でいくことに。
これで一応、入ってはくれましたが、やっぱり嫌がって、ハウスの壁をガリガリして、「出して出して!」って・・・。

かわいそうなので、出してあげました。すると、やっぱり膝の上でゴロゴロ・・・。
でも苦しそうなんです・・・。どうしてあげるのが一番いんだろう。


夕方、包帯を変えてあげようとしたのですが、やっぱりうまくできなくて、最初に腫瘍の手術をしてもらった近所の動物病院にお願いに行きました。
こちらの先生とはしばらくお会いしていなかったので、抗ガン剤治療をしていることなど、近況を報告して、処置していただきました。
脚の手術跡は全て抜糸をしてもらいました。
体重は2.8kgまで減っていました・・・。

家に戻って、再び酸素ハウス活用のための試行錯誤を繰り返した結果、お気に入りのタオルを敷いてあげたら、おとなしく入ってくれました。

Img_0934

これで少しでも楽になるといいのだけれど。

« 診察20回目。 | トップページ | 診察22回目。 »

りんちゃん がんばる」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 診察20回目。 | トップページ | 診察22回目。 »