« 診察5回目。 | トップページ | 診察7回目。抗がん治療2回目。 »

診察6回目。抗がん治療1回目。

何かもっと、りんちゃんにしてあげられることはないか、と思い、家からタクシーで10〜15分とちょっと遠いですが、腫瘍の先生がいる病院で診てもらうことにしました。

病理検査結果を提出、胸部エコー・レントゲン検査のあと、脚の状態を診てもらいました。結果、胸に水がたまっていて、肺にも全体に影が、肺の腫瘍は外科的処置は難しい、とのことでした。
抗がん剤の投与で悪性腫瘍の増殖を抑えることはできるかもしれないけれど、寛解することはないでしょう、と。

私は思い切って聞きました。
「このまま何もしない場合、あとどれくらい生きられますか?」
先生が答えます。
「おそらく、もって1ヶ月くらいだと思います・・・。」


ああ、やっぱりそうなんだ・・・。
涙が溢れました。

抗がん剤が効けば、断言はできないけれど、助かる可能性はゼロではないらしい。
できることは何でもしてあげたい。苦しみを和らげてあげたい。
先生と相談の結果、抗がん剤治療を始めることにしました。

りんちゃんは先週くらいから食欲が衰えてきていて、カリカリもおやつもあまり食べなくなっていました。体重は4Kgを切って3.5kg。ずいぶん痩せてしまいました。
脱水症状も見られるとのことで、ビタミン剤と痛み止めの点滴をして、ステロイドを注射、脚の傷を処置。
そして、抗がん剤を点滴。詳しくどういう薬なのか聞きませんでしたが、比較的副作用の少ないものから投与し、様子を見る、とのことでした。
頑張れ頑張れ。頑張れりんちゃん。
病気なんかに負けないで・・・。

Img_0861
家に帰るとタワーのてっぺんへ一目散。
まだまだ元気にみえるのにな。


« 診察5回目。 | トップページ | 診察7回目。抗がん治療2回目。 »

りんちゃん がんばる」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 診察5回目。 | トップページ | 診察7回目。抗がん治療2回目。 »