« 2016年4月 | トップページ

2016年5月

闘病日記。

3月30日までの闘病日記を「りんちゃん がんばる」としてアップしました。

この日記は、動物病院の先生とコミュニケーションを取るためにつけていたメモ書きを元に、自分の心を整理するため書きました。
苦しそうで痛々しくて、どうしようか、本当に迷いましたが、このブログ初の、りんちゃんの動画も貼りました。

もっとしてあげられることがあったはず、とか、こうしてあげればよかった、とか、思い返せばきりがありません。

でも、多分、私は出来る限りの事をしてあげられたのだと思っています。
りんちゃんも、じゅうぶんすぎるほど、がんばったと思います。
本当に本当にがんばったと思います。

なので「もしあの時」とか「ああしていれば」という考え方はしません。

「ありがとう」「がんばったね」

と言いたいと思います。

最後に、私が一番好きな、りんちゃんの写真を貼っておきますね。

Img_0415_web

ありがとう。りんちゃん。
どうか安らかに。

クロ。

遊佐未森さんの「クロ」をご紹介。
71r7dpy0tl_sl1240_

まともな動画がなかったので歌詞だけ。

「クロ」 作詞・作曲:遊佐未森

NHKみんなのうたでも放映されていた名曲です。
遊佐未森さんが実際体験したという、半ノラの黒猫さんとの出会いとお別れの歌です。みんなのうたでは、おーなり由子さんの優しく柔らかいアニメーションとの相乗効果で、見るたびに涙ぐんでました。

でも、今は、少し捉え方が違うかもしれません。
歌の内容は猫ですが、大切な人との出会いと別れ、そして、それをどう受け止めるかということは、少し大袈裟かもしれませんが、誰にでも訪れる、普遍的なテーマだと思います。
この歌を聴くと、りんちゃんとの思い出と重なって、本当に辛く、悲しくなります。でも、いつまでも悲しんでばかりでは、りんちゃんも悲しいよね。きっと前に進んでほしいはず・・・。

歌の中で出てくる「君に会えたことが宝物」というフレーズ。
本当にその通りだと思います。
たくさんもらった宝物を胸に、頑張って生きていこうと思います。


「ずっと、ずっと、そばで。ずっと、ずっと、見てて。」


ちなみに、みんなのうたは、たまにとてもいい曲が流れるので、チェックしておくと良いと思いますよ。

四十九日。

気がつけば四十九日。あっという間です。

なんやかんやで、心の整理はついていないようです。
トイレもタワーもキャリーも、まだ7週間前のまま。
なんだか、片付けたり捨てたりできなくて。

外から帰ると、思わず名前を呼んでしまう。
でももう、ゴロゴロ転がってお迎えしてくれることはない。

朝、NHKの天気予報を見たら平井さんが出てた 。
四月から朝の担当になったんだ。
りんちゃんは平井さんの天気予報が大好き。
でももう、テレビ画面にパンチできないね、

昨日部屋の掃除してたら、りんちゃんの爪が出てきた。
涙が溢れて止まらなかった。
りんちゃんが引っ掻いて穴があいてしまったTシャツが出てきた。
顔をうずめて泣いた。

夢の中でもいいから会いたいよ。
声を聞かせてほしいよ。
しばらくは泣かなくなったと思ってたけど、
やっぱりまだ難しいみたいです。

これからのこと、しっかり考えないといけないですね。

« 2016年4月 | トップページ